2009年10月03日

ダイエットのリバウンドについて05

自分の体に無理を強いたダイエットのために、食事が進まなくなることがあります。ココロとカラダのバランスが変化して、カラダに変調が起きて自分でコントロールできなくなり、食事が進んでしまう。これがリバウンドです。食事が増えることによりリバウンドしてしまうと、ダイエットのスタート時より体重が増えてしまって、嫌悪感を抱くようになって、吐いてしまう人もいるようです。自分の不甲斐なさから、自分自身を苦しめてしまったら、せっかくのダイエットで成功してもなんのプラスにもなりません。実際に、それを繰り返し食べられなくなり、太りたくても太れなくなってしまい、病院に通うなんてケースも少なくありません。食事をすることは本来、楽しいことで無くてはならないのです。気の合った仲間と楽しくワイワイ!たまにはお酒も気分転換にいいでしょう。そんな楽しみを削ってまでして痩せては、元も子もありませんよね。「食べる」事を楽しみ、内面を輝かせる努力をする。そこに素敵なプロポーションや、着たかった洋服が待っているのです。ゆっくりゆっくりで言いのです。疲れたら休んでいいのです。少しぐらい、寄り道してもダイエットの結果にそうそう何キロも差が出ないのです。情報が氾濫しているダイエット業界ですが、いろんな情報に惑わされず、マイペースで自分の体に合った「ダイエット方法」を見つけましょう。内側から、綺麗になる。食べて 痩せるそこは本当の「美」があるのです。
posted by チャレンジ日記 at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。